僕の生涯《しょうがい》の先生

「僕の先生です。でも、それは、僕がひとりで勝手にそう思い込んでいるので、向うでは僕なんかを全然問題にしていないかも知れません。でも、僕はその人を、僕の生涯《しょうがい》の先生だと、きめてしまっているんです。僕はまだその人と、たった一回しか話をした事がないんです。追いかけて行って自動車に一緒に乗せても...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:03 pm  

大事な思い出

「失礼ですけど、ファウストがよくわかりますか?」「ちっともわかりません。でもあれには大事な思い出があるんです。」「そうですか。」また笑い出した。「思い出があるんですか」柔和な眼で僕の顔を見つめて、「スポーツは何をおやりです?」「中学時代に蹴球《しゅうきゅう》を少しやりました。いまは、よしてい...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:02 pm  

一ばんの年長者らしい人

「お坐りなさい。あぐら、あぐら。」と一ばんの年長者らしい人が僕に座布団《ざぶとん》をすすめる。「芹川《せりかわ》さんでしたね。」と言って、卓上の書類の中から、僕の履歴書や写真などを選び出して、「大学は、つづけておやりになるつもりですか?」まさに、核心《かくしん》をついた質問だった。僕の悩みも、そ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:02 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0105 sec.

http://crystal-wings.net/