僕の生涯《しょうがい》の先生

「僕の先生です。でも、それは、僕がひとりで勝手にそう思い込んでいるので、向うでは僕なんかを全然問題にしていないかも知れません。でも、僕はその人を、僕の生涯《しょうがい》の先生だと、きめてしまっているんです。僕はまだその人と、たった一回しか話をした事がないんです。追いかけて行って自動車に一緒に乗せてもらったんです。」「いったい、どなたですか。どうやら劇壇のおかたらしいですね。」「それは、言いたくないんです。たったいちど、自動車に乗せてもらって話をしたきりなのに、もう、その人の名前を利用するような事になると、さもしいみたいだから、いやなんです。」「わかりました。」主任は、まじめに首肯《うなず》いて、「それで? その人が、春秋座、と書いて下さったので、まっすぐにこっちへ飛び込んで来たというわけですね?」「そうです。ただ春秋座へはいれって言ったって無理です、と僕はその時に女中さんに不平を言ったんです。すると、襖《ふすま》の陰から、ひとりでやれっ! と怒鳴ったんです。先生が襖の陰に立って聞いていたんです。だから僕は、びっくりして、――」 若い二人の試験官たちは声を立てて笑った。けれども、主任のひとは、そんなに笑わず、「痛快な先生ですね。斎藤先生でしょう?」と事もなげに言った。「それは言われないんです。」僕も笑いながら、「僕がもっと偉くなってから、教えます。」「そうですか。それじゃ、これだけで、よろしゅうございます。どうも、きょうは、御苦労さまでした。食事は、すみましたね?」「はあ、いただきました。」「それでは、二、三日中に、また何か通知が行くかも知れませんが、もし、二、三日中に何も通知が無かった場合には、またもういちど、その先生のところへ相談にいらっしゃるのですね。」「そのつもりで居《お》ります。」 これで、きょうの試験が、全部、すんだのである。満ち足りた、おだやかな気持で、家へ帰った。晩は、兄さんと二人で芹川式のビフテーキを作って食べた。おシュン婆さんにも、ごちそうしてやった。僕は本当に、平気なのに、兄さんは、ひそかに気をもんでいるようだ。何かと試験の模様を聞きたがるのだが、こんどは僕が、神の国は何に似たるか、などと逆に問い返したりなどして、過ぎ去った試験の事は少しも語りたくなかった。 夜は日記。これが最後の日記になるかも知れぬ。なぜだか、そんな気がする。寝よう。

— posted by id at 06:03 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1674 sec.

http://crystal-wings.net/