たいへんな決意

 たいへんな決意で、芝の斎藤氏邸に出かけて行ったが、どうも斎藤氏邸は苦手《にがて》だ。門をくぐらぬさきから、妙な威圧を感ずる。ダビデの砦《とりで》はかくもあろうか、と思わせる。 ベルを押す。出て来たのはれいの女性だ。やはり、兄さんの推定どおり、秘書兼女中とでもいったところらしい。「おや、いらっしゃい。」相変らず、なれなれしい。僕を、なめ切っている。「先生は?」こんな女には用は無い。僕は、にこりともせずに尋ねた。「いらっしゃいますわよ。」たしなみの無い口調である。「重大な要件で、お目に、――」と言いかけたら、女は噴き出し、両手で口を押えて、顔を真赤にして笑いむせんだ。僕は不愉快でたまらなかった。僕はもう、以前のような子供ではないのだ。「何が可笑《おか》しいのです。」と静かな口調で言って、「僕は、ぜひとも先生にお目にかかりたいのです。」「はい、はい。」と、うなずいて笑いころげるようにして奥へひっこんだ。僕の顔に何か墨《すみ》でもついているのであろうか。失敬な女性である。 しばらく経《た》って、こんどはやや神妙な顔をして出て来て、お気の毒ですけれども、先生は少し風邪の気味で、きょうはどなたにも面会できないそうです。御用があるなら、この紙にちょっと書いて下さいまし、そう言って便箋《びんせん》と万年筆を差し出したのである。僕は、がっかりした。老大家というものは、ずいぶんわがままなものだと思った。生活力が強い、とでもいうのか、とにかく業《ごう》の深い人だと思った。 あきらめて玄関の式台に腰をおろし、便箋にちょっと書いた。「鴎座に受けて合格しました。試験は、とてもいい加減なものでした。一事は万事です。きょうの午後六時に鴎座の研究所へ来い、という通知を、きのうもらいましたが、行きたくありません。迷っています。教えて下さい。じみな修業をしたいのです。芹川進。」 と書いて、女のひとに手渡した、どうも、うまく書けない。女のひとはそれを持って奥へ行ったが、ながい事、出て来なかった。なんだか不安だ。山寺にひとりで、ぽつんと坐《すわ》っているような気持だった。 突然、声たてて笑いながらあの女のひとが出て来た。

— posted by id at 05:53 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2131 sec.

http://crystal-wings.net/