新約を読んでも

 実に、こまかいところまで教えてある。さぞ面倒くさかった事であろう。モーゼは、これらの鳥獣、駱駝や鴕鳥の類まで、いちいち自分で食べてためしてみたのかも知れない。駱駝は、さぞ、まずかったであろう。さすがのモーゼも顔をしかめて、こいつはいけねえ、と言ったであろう。先覚者というものは、ただ口で立派な教えを説いているばかりではない。直接、民衆の生活を助けてやっている。いや、ほとんど民衆の生活の現実的な手助けばかりだと言っていいかも知れない。そうしてその手助けの合間合間に、説教をするのだ。はじめから終りまで説教ばかりでは、どんなに立派な説教でも、民衆は附《つ》きしたがわぬものらしい。新約を読んでも、キリストは、病人をなおしたり、死者を蘇《よみがえ》らせたり、さかな、パンをどっさり民衆に分配したり、ほとんどその事にのみ追われて、へとへとの様子である。十二弟子さえ、たべものが無くなると、すぐ不安になって、こそこそ相談し合っている。心の優しいキリストも、ついには弟子達を叱《しか》って、「ああ信仰うすき者よ、何《なん》ぞパン無きことを語り合うか。未《いま》だ悟らぬか。五つのパンを五千人に分ちて、その余《あまり》を幾筐《いくかご》ひろい、また七つのパンを四千人《しせんにん》に分ちて、その余《あまり》を幾籃《いくかご》ひろいしかを覚えぬか。我が言いしはパンの事にあらぬを何《なん》ぞ悟らざる。」と、つくづく嘆息をもらしているのだ。どんなに、キリストは、淋《さび》しかったろう。けれども、致しかたが無いのだ。民衆は、そのように、ケチなものだ。自分の明日のくらしの事ばかり考えている。 寺内師の講義を聞きながら、いろんな事を考え、ふと、電光の如《ごと》く、胸中にひらめくものを感じた。ああ、そうだ。人間には、はじめから理想なんて、ないんだ。あってもそれは、日常生活に即した理想だ。生活を離れた理想は、――ああ、それは、十字架へ行く路《みち》なんだ。そうして、それは神の子の路である。僕は民衆のひとりに過ぎない。たべものの事ばかり気にしている。僕はこのごろ、一個の生活人になって来たのだ。地を匍《は》う鳥になったのだ。天使の翼が、いつのまにやら無くなっていたのだ。じたばたしたって、はじまらぬ。これが、現実なのだ。ごまかし様《よう》がない。「人間の悲惨を知らずに、神をのみ知ることは、傲慢《ごうまん》を惹《ひ》き起す。」これは、たしか、パスカルの言葉だったと思うが、僕は今まで、自分の悲惨を知らなかった。ただ神の星だけを知っていた。あの星を、ほしいと思っていた。それでは、いつか必ず、幻滅の苦杯を嘗《な》めるわけだ。人間のみじめ。食べる事ばかり考えている。兄さんが、いつか、お金にもならない小説なんか、つまらぬ、と言っていたが、それは人間の率直な言葉で、それを一図《いちず》に、兄さんの堕落として非難しようとした僕は、間違っていたのかも知れない。 人間なんて、どんないい事を言ったってだめだ。生活のしっぽが、ぶらさがっていますよ。「物質的な鎖と束縛とを甘受せよ。我は今、精神的な束縛からのみ汝《なんじ》を解き放つのである。」これだ、これだ。みじめな生活のしっぽを、ひきずりながら、それでも救いはある筈だ。理想に邁進する事が出来る筈だ。いつも明日のパンのことを心配しながらキリストについて歩いていた弟子達だって、ついには聖者になれたのだ。僕の努力も、これから全然、新規|蒔直《まきなお》しだ。

— posted by id at 05:50 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1664 sec.

http://crystal-wings.net/