教化団体の人

「それは、役者に限らず、教化団体の人なら誰でも心掛けていなければならぬ事で、だから僕がさっき言ったように、そんな立派そうな抽象的な言葉は、本当に、いくらでも言えるんです。そうしてそれは、みんなうそです。」「そうかね。」横沢氏は、けろりとしている。あまりの無神経に、僕は横沢氏を、ちょっと好きになったくらいであった。「そういう考えかたも、面白《おもしろ》いね。」滅茶滅茶だ。「朗読をお願いしましょう。」上杉氏は、ちょっと上品に気取って言った。その態度には、なんだか猫《ねこ》のような、陰性の敵意が含まれていた。横沢氏よりも、こっちが手剛《てごわ》い。そんな気がした。「何をお願いしましょうか。」上杉氏は、くそ叮嚀《ていねい》な口調で、横沢氏に尋ねるのである。「このひとは、程度が高いそうですから。」いやな言いかたを、しやがる! 卑劣だ! 世の中で、一ばん救われ難《がた》い種属の男だ。これが、あの、「伯父ワーニャ」を演じて日本一と称讃《しょうさん》せられた上杉新介氏の正体か。なってないじゃないか。「ファウスト!」横沢氏は叫ぶ。がっかりした。桜の園なら自信があったのだけれど、ファウストは苦手《にがて》だ。だいいち僕は、ファウストを通読した事さえない。落第、僕は落第だ。「この部分をお願いします。」上杉氏は、僕にテキストを手渡して、そうして朗読すべき箇所を鉛筆で差し示した。「一ぺん黙読して、自信を得てから朗読して下さい。」なんだか意地の悪い言い方だ。 僕は黙読した。ワルプルギスの夜の場らしい。メフィストフェレスの言葉だ。[#ここから2字下げ]そこの爺《じ》いさん、岩の肋骨《ろっこつ》を攫《つか》まえていないと、あなた、谷底へ吹き落されてしまいますぜ。霧が立って夜闇《よやみ》の色を濃くして来た。あの森の木のめきめき云《い》うのをお聞きなさい。梟奴《ふくろうめ》がびっくりして飛び出しゃあがる。

— posted by id at 05:43 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1705 sec.

http://crystal-wings.net/