演技部

「演技部ですか、文芸部ですか?」上杉氏が鉛筆でご自分の顎を軽く叩《たた》きながら尋ねる。「なんですか?」よくわからなかった。「役者になるのか。」横沢氏は、また馬鹿声を出して、「脚本家になるのか。どっちだ!」「役者です。」即座に答えた。「しからば、たずねる。」本気か冗談か、わけがわからない。どうして横沢氏は、こんなに柄《がら》が悪いんだろう。人相だってよくないし、服装だって、和服の着流しで、だらしがない。日本で有数の文化的な劇団「鴎座」の、これが指導者なのかと思うと、がっかりする。きっと、お酒ばかり飲んで、ちっとも勉強していないのだろう。下唇《したくちびる》をぐっと突き出して、しばらく考えてから、やおら御質問。「役者の、使命は、何か!」愚問なり。おどろいた。あやうく失笑しかけた。まるで、でたらめの質問である。質問者の頭のからっぽなことを、あますところなく露呈している。てんで、答えようがないのである。「それは、人間がどんな使命を持って生れたか、というような質問と同じ事で、まことしやかな、いつわりの返答は、いくらでも言えるのですが、僕は、その使命は、まだわかりませんと答えたいのです。」「妙な事を言うね。」横沢氏は、鈍感な人である。軽い口調でそう言って、シガレットケースから煙草《たばこ》を取り出し、一本口にくわえて、「マッチないか?」と、隣の上杉氏からマッチを借り、煙草に点火してから、「役者の使命はね、外に向っては民衆の教化、内に於《おい》ては集団生活の模範的実践。そうじゃないかね。」 僕は、あきれた。落第したほうが、むしろ名誉だと思った。

— posted by id at 05:41 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1913 sec.

http://crystal-wings.net/