静かな憩《いこ》いの巣

 平凡な、そして静かな憩《いこ》いの巣。僕には、帰るところがない。落第|坊主《ぼうず》。なんという不名誉だ! 僕は今まで、落第生というものをどんなに強く軽蔑《けいべつ》していたか知れやしない。人種がちがうものだとばっかり思っていたが、あにはからんや、僕の額にもはっきり落第生の焼鏝《やきごて》が押されてしまった。新入《しんいり》でござんす、よろしくお願い致します。 諸君は四月一日の夜、浅草のネオンの森を、野良犬《のらいぬ》の如《ごと》くうろついて歩いていた一人の中学生を見かけなかったか。見かけましたか? 見かけたならば、それならば、なぜその時に、ひとこと「おい、君」と声を掛けてくれなかったの? 僕は君の顔を見上げて、「お友達になって下さい!」とお願いしたに違いない。そうして、君と一緒に烈風の中をさまよい歩きながら、貧しい人を救おうね! と幾度も幾度も誓い合ったにちがいない。ひろい世界に、思いがけぬ同志を得たという事は、君にとっても僕にとっても、なんと素晴らしい事だったろう。けれども、誰も僕に言葉をかけてはくれなかったのだ。僕はヨボヨボになって麹町《こうじまち》の家へ帰ったのです。 それからのことを書くのは、さらにくるしい。僕の生涯に於《おい》て、再びかかる悪事をなさぬことを神に誓う。僕は兄さんを殴ってしまったのだ。夜十時頃、こっそり家へ帰って、暗い玄関で靴《くつ》の紐《ひも》を解いていたら、ぱっと電燈《でんとう》がついて兄さんが出て来た。「どうだったい? だめか?」のんきな声である。僕は黙っていた。靴を脱いで、式台に立って、無理に薄笑いしてから、答えた。「きまってるじゃないか。」声が、のどにひっからまる。「へえ!」兄さんは眼を丸くした。「本当かい?」「お前がわるいんだ!」矢庭に兄の頬《ほお》を殴った。ああ、この手よ腐れ! 全く理由の無い憤怒である。僕がこんなに、死ぬほど恥ずかしい思いをしているのに、お前たちは上品ぶって、涼しそうな顔をして生きている、くたばれ! というような凶暴な発作にかられて、兄を殴った。兄は、子供のような、べそを掻《か》いた。「ごめん、ごめん、ごめん。」僕は兄さんの頸《くび》を抱いてわあわあ泣いていた。

— posted by id at 02:31 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2079 sec.

http://crystal-wings.net/